雑記

ネタバレが怖い。って話

どうも、ひつじ(夫)です。

 

 

先日、TENETっていう映画を見てみたんですよ。

※ネタバレは無いので、まだ見ていない方もご安心を。

 

「1度見るだけでは理解できない」と言われているくらい複雑な映画です。

そもそも、この映画の監督である、クリストファー・ノーランという人の映画って、だいたい難しいんですよね。

でもSF映画が好きですし、ノーラン監督も好きだったので、映画が公開してすぐ見に行ってきました。

映画のポスター

感想?もちろん理解できなかったですよ、ええ。

面白いのは間違いないんですけどね、ええ。

 

で、まぁ本題に入りますけど、ネタバレって許せるタイプですか?

僕は、ネタバレされちゃうと作品の見る気を失っちゃうタイプです。

ランプこすってジーニーが出てきたら、とりあえずネタバレが耳に入らない魔法をかけてもらいますね、マジで。

そんな僕ですが、世の中に1つ問いかけたいことがあります・・・。

 

 

「ラスト○○秒を見逃すな」系の宣伝、あれ何???

 

いや、言いたいことは分かりますよ。

そういう宣伝って、引き付けられるものがありますよね。

 

話が若干脱線しますけど、僕が好きな映画は、「最後にどんでん返しがある」系の映画なんですよ。

自分の考えをひっくり返されるような感覚が好きで、そういう映画を是非とも探したい~!といつも思ってはいるのですが・・・。

Googleで「映画 どんでん返し」みたいな単語で調べるのは、僕の中ではちょっと嫌なんですよ。

だって、そうやって探した映画って、最後に何かどんでん返しが用意されてるのが分かっちゃってるじゃないですか。

 

それでも、どんでん返しがあるのが分かってるくらいならいいんですよ。

「ラスト〇〇秒を見逃すな」なんて宣伝されてる映画を見たら、もうラストシーンが近付くにつれて残り時間が気になっちゃって映画どころじゃなくなりますよ。

時計チラチラして映画どころじゃないですよ、、、ですよね?

 

なので、お気に入りの映画を見つける理想的なシチュエーションとしては、

  1. 何も前知識の無い状態で、「これ面白そう!」という映画を見つける
  2. その映画の中で、最後にどんでん返しが用意されている

この2つが揃うことで完璧なシチュエーションとなるのですが・・・

 

 

ねーよ、そんな状況!!!

 

お気に入りの映画を探すのは難しいよね、っていう話でした。

 

 

ではまた  (°▽°)メェ~

-雑記

© 2021 ひつじ夫婦の日常 Powered by AFFINGER5