雑記

みんなも巻き肩には気を付けないとヤバいよ!って話。

どうも、ひつじ(夫)です。

突然ですが、巻き肩って言葉はご存知ですか?

普通よりも肩が前に出ちゃう姿勢のことらしくて、デスクワークの人とかスマホを操作する時間が多い人が、なりやすいそうなんですよ。

肩こり,巻き肩
猫背や肩こりの原因にもなるのだそう

コロナの影響でデスクワークが増えた人もいるかなと思いますが、僕も巻き肩が絶賛進行中です。

いつも胸を張って生きてきたつもりですが、どうやら肩だけは前のめりに生きるタイプだったようです。

アグレッシブなのは良いことなのですが、今回はそんな僕の肩に対して言いたいことがあります。

寝違えるとめっちゃ痛い。

ちょっと待って、ページを閉じるのはまだ早いですよ。

これを見たあなたも、「は?そんなもん?」と思うかもしれませんが、巻き肩の人は寝違えるとマジで酷くなることがあるようです。

実は1週間前くらいから両肩と首の後ろが非常に痛くて、首を動かすのもキツかったので、接骨院に昨日行ってきたんですね。

今回はそんなお話です。

向かったのは地元駅の近くの接骨院で、1度だけ利用したことがあるところです。

久しぶりに行ったので、ヒアリングシートに「肩がヤバい」と書いて、いざ施術へ。

先生「今日はどうされましたか~?」

僕 「ちょっと1週間前くらいから肩がヤバくて・・・」

先生「じゃあちょっと動き見ていきましょうか。

(肩や腕を先生の指示で動かしていく。)

あ~これは、、、酷いですね。」

なんて感じで診察を進めながら、気になっていた原因を聞いてみると、

僕 「ところで、なんでこんなに痛むんでしょうか?」

先生「これは、寝違えですね。」

僕 「あっなんだぁ。ただの寝違えですかぁ(笑)。」

先生「寝違えを舐めないでください。あなたのは本当に酷いです。」

僕 「アッハイ, スミマセン...」

どうやら、僕のように巻き肩な人は、寝違えると普通よりも酷くなりやすいそうです。

肩の筋肉が緊張しっぱなしで、何かあったら痛みやすいのだそう。

そして、どんな施術をするのかと思ったら・・・。

僕 「ところで、今日はどんな施術を?」

先生「指圧だけでは無理ですし、矯正はまだ痛むので無理ですね。

なので、鍼治療をしましょう。

僕 「(針?ハリ?hurry?)」

まさか、針をぶっ刺すことになるとは思いませんでした。

始めはためらったのですが、「経験したこと無いしチャンスじゃね?」と思ったので、勢いでやってみることにしました。

実際に針を刺してみた写真がこちら。

針治療
ぶっ刺さってます
針治療
調子に乗ってピースしました

20本くらいぶっ刺してきました。

これでも2mm~4mmくらいは刺してるんです。

髪の毛くらいの細さの針で、刺されるとまぁチクッとはするのですが、全然耐えられます。

ただ、写真のように首の形になっている枕を下にしているので、何をされているのか全然分からず、気持ち的にはギロチンの処刑台に捕えられているようでした。

(もしくは〇UNTER×H〇NTERでポックルがピトーに脳をいじられてる感じ。)

こうして針を刺したまま、10分ほどキープして、それからマッサージを受けて帰宅しました。

ただ、先生曰く、1回では絶対治らないので何度か通ってくださいとのこと。

とは言え、その日はだいぶ楽になりましたし、「針まで刺したんだから、もう大丈夫じゃね??」とか思いつつその日は寝たのですが、、、

次の日もめっちゃ痛ぇ。

起床した瞬間、何度か通うことを決めました。

では、また (°▽°)メェ~

-雑記

© 2021 ひつじ夫婦の日常 Powered by AFFINGER5