おすすめしたい 旅行

マザー牧場で牛とツーショット撮ってきました

サムネイル
どうも、ひつじ(夫)です。

 

 

皆さん、コロナ禍の中ですが、家で暇を持て余していませんか?

直近では、緊急事態宣言がアンコールされて、また外出できない感じになってしまいましたね。

ですが、ちょっと落ち着いた後のお出かけ先としておすすめしたいのが、動物園です。

 

屋外だし、混雑しないし、感染症のリスクもそこまで高くないのではないでしょうか。

ひつじ夫婦も、去年のクリスマスに千葉県のマザー牧場へ遊びに行ったので、今回はその話をしたいと思います。

 

マザー牧場について

マザー牧場の表紙

マザー牧場は、千葉県の富津市、鹿野山という山の山頂付近にあるテーマパークです。

「花と動物たちのエンターテイメントファーム」というキャッチコピーの通り、単なる動物園ではなく、広大な花畑やバンジージャンプ、ジップラインなどといったアトラクションも楽しめる場所です。

 

ちなみに、マザー牧場にいる動物たちの一覧がこちら。

マザー牧場の動物たち

牛、羊、豚、馬、アヒル、うさぎ、モルモット、牧羊犬、ヤギ、アルパカ、ラマ、ロバ、マーラ、ダチョウ、リクガメ、カピパラ

 

動物園とは違い、種類自体は少なめです。

その代わり、それぞれの動物とたくさん触れ合えたり、色んなショーがあるので、とっても楽しめます。

 

アクセスについて

車のアクセス地図

車の場合だと、東京からは高速道路で約70分、横浜からは約60分です。

電車の場合は、JR内房線の君津駅か佐貫町駅からバスで25分~40分くらいです。

 

ですが、個人的には車で行くことをおすすめします。

なんでかって、バスの本数がメチャクチャ少ないんですよ。

 

確か2時間に1本くらい。

 

車だったら、三井アウトレットパークにも帰り際に寄れますし、神奈川や東京方面から来る方は、アクアラインの海ほたるで休憩することもできます。

ただ、途中ちょっと山道っぽい道路を走ることになるので、運転に慣れてない方は気を付けてくださいね。

 

詳しい交通アクセスは、下記の公式ページからご確認ください。

http://www.motherfarm.co.jp/access/index.php

 

料金について

大人が1,500円、子供(小学6年生まで)が800円です。

場所がちょっと遠いので、交通費が若干高めになってしまいますが、1日遊べるテーマパークとしてはリーズナブルに楽しめるのではないでしょうか?

 

ちなみに、メルカリで「マザー牧場」と検索してみると、割安でチケットが購入できます。

あくまでも裏技的な感じで覚えておくといいかと思います。

 

 

では、そんなマザー牧場の見どころを幾つかご紹介しましょう。

 

見どころ①:ひつじのショー

ひつじショーの画像

世界中から19種類の羊が集められて、それらを1頭ずつコミカルに紹介してもらえるショーです。

時期によって紹介してくれる羊が違うようでして、どんな羊が出てくるかは行ってみてのお楽しみです。

ドライスチールのラスボス感が異常。

 

また、ショーの後半は羊の毛刈りを実演してくれるので、そちらも必見です。

羊の毛刈りショー

公式HPより

 

ショー中にエサを食べたり寝ちゃったりしてるのが可愛い。
毛刈りされてるのも可愛い。

 

見どころ②:牛の乳搾り体験

乳絞りの風景

牛がいるのであれば、乳を搾らないわけにはいきませんね。

マザー牧場では、1日3回、無料で乳搾り体験に参加することができます。

 

丑年ということでもありますので、これを機に牛とツーショットを撮ってみてはいかがでしょうか?

 

意外と難しくて手に全部かかっちゃいました。

 

ちなみに、2021年1月11日までは、牛と一緒に記念撮影をすることができました。

「マザー牧場」の看板の後ろに立って、牛たちの間近で写真を撮ってもらえたのです。

牛とツーショットの場

 

年賀状に使いました!
来年は虎に会いに行かなきゃ。

 

見どころ③:ひつじの行進

羊の大行進

1日に1回だけ行われるのが、約200頭の羊たちによる大行進です。

アニメでしか見ないような羊飼いと牧羊犬が、大勢の羊を誘導する姿は圧巻です。

 

羊飼いと牧羊犬というワードを聞くと、『狼と香辛料』を思い出すのは僕だけでしょうか。

 

しかも、大行進の後は、羊たちと触れ合うことができます!

200頭の羊の群れに囲まれることができるなんて、めっちゃ貴重な体験じゃありませんか?

200頭の羊の塊

この200頭の羊の群れに飛び込んでいくことができます。

手前の2匹の犬が、牧羊犬です。

羊と戯れる写真

羊好きにはたまらないイベントですね。

 

ちなみに、こちらも丑年の特別なイベントがあって、2021年1月11日までは、大行進の時に「うし」の字を羊が描いてくれました。

うしの字を描く羊たち

(みんなでエサをムシャムシャ食べてます。)

 

見どころ④:ファームツアーDX

マザーファームDXの写真

ひつじ夫婦はまだ体験したことがないんですが、マザーファームツアーDXという追加アトラクションがあります。

ツアーの参加者しか入れない広大なエリアを、大きなトラクタートレインでガイドさんに案内してもらいながらゆったり巡るアトラクションです。

ここでしか会えないような動物たちとも会うことができます。

ココでしか会えない珍しい動物

また、トラクタートレインから途中下車して、動物にエサやりをしながら触れ合う時間もあります。

約1時間ちょっとのツアーとのことで、是非とも体験してみてはいかがでしょうか?

ひつじへのエサやり

ちなみに、追加の料金は、大人1,600円、子供900円です。

僕も、クリスマスに行ったときに参加すればよかったと後悔してます。

 

次回は絶対参加!

 

まとめ

コロナの影響でお出掛けが出来なくなっている今日この頃。

いくらワクチンが出来たとしても、きっとしばらくの間は今みたいなソーシャルディスタンスな状況が続くでしょう。

 

マザー牧場のような動物園なら、屋外ですし極端な混雑もしないので、お出かけスポットの1つとしておすすめですよ!

 

ちなみに、レンタカーのタイムズの会員になると、マザー牧場の入場料金が割引になるクーポン券が使えます。

タイムズには僕もよくお世話になってるので、動物園に限らずレンタカーをご検討の方は、こちらのリンクからどうぞ。

 

タイムズのレンタカー

タイムズ会員限定クーポンはこちら

 

おまけ

冬限定でイルミネーションが見られるのですが、牛のイルミネーションが・・・

 

 

 

 

 

 

牛の乳ミサイル

 

出しすぎじゃね??

 

乳ミサイルと名付けよう。
最低なネーミングだな。

 

 

ではまた (°▽°)メェ~

-おすすめしたい, 旅行
-, ,

© 2021 ひつじ夫婦の日常 Powered by AFFINGER5